うつ病と診断されたら~最適な治療法を専門医と一緒に考えましょう~

女性

見える病気へ変えていく

診察

数値で判断できる時代へ

うつ病は専門医にとっても診断の難しい病気の一つです。丁寧に問診をして、症状を一つずつ診断基準に基づいてチェックすることにより判断しますが、医師の経験による部分も大きく、診断が分れる場合もあります。しかし、最新の方法として光トポグラフィー検査というものが使われるようになってきました。これは、質問に答える間の脳の血流を測定し数値化することで、客観的にうつ病であるか否かを判断しようというものです。この光トポグラフィーの検査だけでうつ病であるか否かの決定はできませんが、しかしこれまで客観的な尺度に乏しかったうつ病の診断に、数値による判断基準が持ち込まれたことで、画期的なものと言えるでしょう。これですと、診断を受ける側でも、自分の病気について納得することができます。今後はこうした機器による客観的なうつ病診断が、ますます開発されていくのではないでしょうか。心の病と考えられていたいうつ病も、実は脳の機能が衰えるところにその要因があることが分かってきました。その機能変化を客観的に捉えることで、より診断が容易に、確実になっていくことが期待されます。うつ病は病名を間違えると、中々完治しにくい病気です。客観的な判断ができるようになる日も、そう遠くはないでしょう。

自分の病気に敏感になる

うつ病は専門医であってもその判別が難しい面があるため、時々間違った診断を下される場合があります。特に注意を要するのが双極性障害です。双極性障害とはそう状態とうつ状態が交互に現れる病気ですが、うつ状態の症状が出ている時に医師にかかると、間違ってうつ病と診断されてしまうことがあるのです。そうしますと、いくら治療を行っていても中々回復しませんし、時には症状がひどくなってしまうことがあります。と言いますのも、双極性障害の治療薬は異なっているからなのです。ですから、クリニックを初めて訪れる時には、今現在の症状だけではなく、さかのぼってどのような症状があったのか、それはいつ頃からいつ頃まで続いたのか、過去の症状も含めて説明するようにしましょう。また、医師に処方された薬を飲んでいるにも関わらず、中々改善が見られない、そんな時にはその旨を医師に詳しく説明しましょう。自分の状態について、常にセルフチェックしてみる、そうした姿勢が重要です。今や、うつ病は誰もがかかる可能性のある病気ですし、またしっかりと治療すれば必ず改善できる病気なのです。最新の治療法もどんどん生まれています。しかし、そのためには正しい診断が不可欠です。医師に任せ切るのではなく、自分が主役なのだ、という意識をつねに持つことが、早い回復への近道なのです。